お子様の教育問題、これはお父様、お母様にとって最重要課題の一つでしょう。

 さまざまな形で沢山に存在する塾に塾に頼らず、お父様、お母様が教育に取り組まれること、これこそが教育の“極意”の中の“極意”です。

 お父様、お母様が中学校をご卒業なさっていらっしゃれば、少なくとも小学校6年間は直接、お子様の教育にあたられることが可能でしょう。この間に各科目の基本、そして学ぶ姿勢をしっかり身に付けさせれば、中高時代は自力学習が十分可能となるでしょう。このことこそが我が国教育再生の道、王道でしょう。

 因みに私の長女(現在ピアニストとして、グローバルに活躍中、HP:日本の教育を皆さんと考える会参照)、長男ともにいわゆる“無塾児”を通し、公立中学高校で学び、生活費節約に、多大の協力をしてくれました。
 本HP是非ご高覧下さい。


トップページへ戻る